話題のこと

【動画あり】貴源治の炎鵬戦での張り手攻撃に非難殺到!大麻使用は関係ある!?

貴源治

2021年7月20日に大麻使用が報道された十両・貴源治関

貴源治関は2021年7月5日に行われた炎鵬戦で、張り手攻撃がやばすぎると話題になりました。

この試合のあとでの大麻使用報道。

大麻使用と炎鵬戦の張り手攻撃の件は関係しているのか調査してみました!

貴源治の炎鵬戦での張り手攻撃がヤバすぎる!

2021年7月5日 名古屋場所2日目で行われた貴源治関と炎鵬関の試合。

191cmの貴源治関と169cmの炎鵬関

およそ20cmの身長差がありますが、貴源治関が執拗に張り手攻撃をしているのが分かります。

張り手というより、ボクシングのアッパーカットに近いかもしれません。

「殴ってるのでは?」という声もあったようです。

試合の取り直しが行われようとしていましたが、炎鵬関が脳震盪を起こし、不戦敗となってしまいました。

貴源治の張り手攻撃に大麻使用は関係ある?

貴源治

炎鵬戦の張り手攻撃と大麻使用は関係あるのでしょうか?

大麻が体におよぼす影響を調べてみたところ、はっきりとは分かりませんでした

しかし気分がハイになることはあるようで、試合前に大麻を使用していたら何らかの影響はありそうですね。

どちらにせよ、脳震盪になるほど相手を追い詰めるってやりすぎですよね。

貴源治の炎鵬戦での張り手攻撃に対して世間の反応は?

大麻使用せいであの張り手になったと思う人が多いようです。

まとめ

貴源治の炎鵬戦での張り手攻撃が大麻使用と関係があるのかは分かりませんでした。

しかし関係あると思っている人は多いようですね。

脳震盪が起こるほどの張り手は、相撲をとるものとしてはどうなのかと思われても仕方ないですよね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!