スポーツ選手

大坂なおみのうつ病がウソだと言われる3つの理由!会見拒否の言い訳だった!?

大坂なおみ

テニスの大坂なおみ選手が2021年6月1日、Twitterでうつ病を告白しました。

全仏オープンの会見拒否や棄権で話題になっていましたが、うつ病が理由だったようです。

しかし一部ではうつ病はウソだと言う意見もあるみたいですね。

なぜウソだと言われるのかその理由を調査してみました。

大坂なおみがうつ病を公表

2021年6月1日、大坂なおみ選手は自身のTwitterでうつ病であると告白しました。

Twitter英文訳↓↓

◇「世界に向かって話す前には大きな不安」

皆さん、こんにちは。私が数日前に投稿した時には想像したり意図したりしていなかった状況になっています。トーナメントや他の選手、私の(心の)健康のためにも、今は私が棄権し、みんながパリでのテニスに集中できるようにするのが一番だと思います。

私は決して邪魔にはなりたくありませんでした。(意見表明の)タイミングが理想的ではなく、もっと明確なメッセージを出せたかもしれません。重要なのは、私はメンタルヘルスを矮小(わいしょう)化したり、その言葉を軽々しく使ったりしてはいないということです。

2018年の全米オープン以降、長い間うつに苦しんでおり、その対処に本当に悩まされてきたというのが真実です。私を知る人は誰でも私が内向的だと知っています。大会で私がヘッドホンをしているのに気づいた人もいると思いますが、それは不安を和らげるのに役立つからです。

テニスの記者の皆さんはいつも私に親切でした(特に私が傷つけてしまったかもしれないすべての素晴らしい記者に謝罪したいです)。ただ、私は人前で話すのが苦手で、世界のメディアに向かって話す前には大きな不安の波に襲われます。本当に緊張しますし、出席して、自分にできる限りの答えを出そうとすることが、いつも大きなストレスになっています。

ここパリでは、すでに弱気になり、不安を感じていたので、自分を大事にするために記者会見するのはやめた方がいいと思いました。それを先に発表したのは、(記者会見の)ルールにかなり時代遅れな部分があると感じていて、それを強調したかったからです。大会主催者には個人的に謝罪の手紙を出し、大会中は大変なので、大会後に話ができたらうれしいと伝えました。

しばらくコートから離れますが、時期が来ればツアーと協力し、選手やメディア、ファンにとって(環境を)より良くするための方法を話し合いたいと思っています。とにかく、皆さんが元気で安全でいることを願っています。皆さんを愛していますし、また会いましょう。【訳・ニューヨーク隅俊之】 引用:Yahooニュース

大坂なおみ選手は2018年の全米オープン以降うつ病に苦しんでいたようです。

この大会では大坂なおみ選手が元世界ランク1位のセレーナ・ウィリアムズ選手を破り、初優勝しましたね。大坂なおみ

この大会でセレーナ・ウィリアムズ選手は優勝を期待されていましたが、コーチがセレーナ選手にサインを送ったとして警告が出ました。

テニスの試合ではコーチが選手にサインを送ることは禁止されています。

これに対して観客からはブーイングが起こり、セレーナ・ウィリアムズ選手はラケットを叩きつけたり、審判に抗議をしたりしてペナルティポイントを取られてしまいました。

セレーナウィリアムズ

この審判の対応に観客からブーイングが起こり、優勝セレモニーの開催が告げられると、会場からはブーイングが響き、大坂なおみ選手は泣いてしまうという場面がありましたね。

この時から精神的に不安定になっていたようです。

記念すべき初優勝がこんな形では、精神的に不安定になっても仕方ないのかもしれませんね。

そこからメディアに注目されたり、優勝したことで追われる立場になりプレッシャーが強くなったりしてますます不安定になっていったとも考えられますね。

大坂なおみのうつ病はウソ!?

一部では大坂なおみ選手のうつ病告白に対し、「ウソなのでは!?」という意見があるようです。

その理由を調べたところ3つあることが分かりました。

うつ病がウソだと言われる理由①テニスの練習が出来ている

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿

うつ病になるとやる気が起こらなかったり、気分が落ち込んだりして日常生活に支障がでる場合がありますよね。

人によっては布団から出られなくなる人もいるのだとか。

しかし、大坂なおみ選手は見たところ普通の生活を送っており、テニスの練習も出来ているようです。

SNSの更新もしているようですし、それらを見る限りは普段どおりに思えますよね。

そのためうつ病がウソだと言われているようですね。

うつ病がウソだと言われている理由②オリンピックに出場する意志がある

大坂なおみ選手は全仏オープンを棄権していますが、東京オリンピックには出場する意志があるようです。

大坂なおみ

東京オリンピックの出場権は、今回の全仏オープン終了後に発表される女子シングルスの世界ランキングの上位56人に与えられることになっています。

現在、世界ランキング2位の大坂なおみ選手はほかの選手の成績にかかわらず、オリンピックの出場権を獲得できるようです。

本当にうつ病なら、オリンピックに出る気持ちにならないはずだという声があるようですね。

ちなみに、2021年6月末にイギリスで開幕するウィンブルドン選手権については、出場するかどうか、今のところ未定だそうです。

うつ病がウソだと言われている理由③会見拒否の前にうつ病だと言わなかった

大坂なおみ

大坂なおみ選手は全仏オープンの開幕前に記者会見拒否を宣言しました。

本来なら記者会見は義務であり、違反すれば罰金となります。

実際に大坂なおみ選手は試合後、記者会見は行わず罰金処分となっていました。

しかしその後、うつ病を告白したことで大坂なおみ選手を同情する声か寄せられましたが、「なぜ最初から言わなかったのか?」と疑問を持つ声も多いようです。

そのため会見拒否の言い訳にうつ病だと言っているのでは?うつ病はウソではないか?という疑問を持つ人が出てきたようです。

大坂なおみのうつ病についてネットの意見は?

うつ病は言い訳だという声と純粋に心配している声がありました。

まとめ

大坂なおみ選手のうつ病がウソだと言われている理由は

  • テニスの練習が出来ているから
  • 東京五輪に出場する意志があるから
  • 記者会見拒否の言い訳だから

ということでした。

ただ、うつ病は心の病。他人からは分かりにくいところではありますよね。

本人にしか分からない苦悩があると思います。

大坂なおみ選手のこれからの動向に注目ですね。