女性芸能人

【動画あり】二階堂ふみが歌が上手い理由はボイトレのおかげ!?紅白で披露するほどの歌唱力をチェック!

二階堂ふみ

映画やドラマで活躍中の女優の二階堂ふみさん。

2020年放送のNHK連続テレビ小説「エール」で主役を務め、ドラマの中で歌声を披露し、上手いと話題になりました。

二階堂ふみ 窪田正孝 エール

二階堂ふみさんが歌が上手い理由や実際の動画をまとめてみました!

二階堂ふみは歌が上手い理由は?

二階堂ふみ エール

二階堂ふみさんが歌が上手い理由は、ドラマ「エール」のためにボイトレに通ったからなんだそうです。

ドラマ「エール」で二階堂ふみさんは、プロのオペラ歌手を目指す主人公・関内音役を演じました。

この役に二階堂ふみさんは自分からオーディションに応募して選ばれました。

歌手を目指す役ということで、オーディションのために自腹でボイストレーニングに通ったそうなんです。

二階堂ふみさんは元々歌が苦手だったようなのですが、ボイトレに通い努力した結果、見事オーディションに合格しました。

これまでむしろ歌は苦手でした。嫌いではないけれど、上手ではないんです。ほとんどゼロからのスタートでした。

それでも自分で歌うことにしたのは、音役のオーディションでは歌うというのが条件でしたし、モデルの金子さんがすごくお上手な方だったっていうのは資料でも拝見したので…。私なりにできる限りの努力をしましたが、本当に毎回、悔しい思いをしながら、やればやるほど自分の実力不足を痛感し、「なんでこんなにきれいに歌えないんだろう」とも思いました。                   引用:Yahooニュース

オーディションでは毎回歌を歌っていたそうですが、二階堂ふみさんが起用されたのは演技力を見込まれたからであって、オペラの歌唱シーンは吹き替えも考えていたようです。

しかし、二階堂ふみさんの努力を見たチーフ演出の吉田照幸さんは、彼女の成長ぶりに感動し、歌唱シーンを増やしたそうなんです。

「二階堂さんは最初はこんなにうまくなかったんですけど、この1年、本当に努力されてあそこまで。ちょっと感動しました」         引用:マイナビニュース

歌唱指導の先生からも太鼓判を押され、だんだんと歌唱シーンが増えていきました。

また、2020年の緊急事態宣言で撮影が中断したときも、自宅で毎日歌の練習をしていたそうなんです。

毎日、自宅で歌の練習をしたりピアノを触ったりしていました。歌もそうですけど、これまでピアノを弾いたことなかったので、ピアノを弾くシーンのために練習をしていました。歌は練習を続けた結果、喉がかれにくくなりました。たぶん声帯が鍛えられたんじゃないかと(笑)。                      引用:Yahooニュース

二階堂ふみさんはオーディション前から撮影期間中も、ずっと歌の練習を続けていたために歌が上手くなったんですね!

努力の賜物ですよね!

二階堂ふみの歌唱力を動画でチェック!

二階堂ふみさんの歌が上手いと話題の動画を集めてみました!

①ドラマ「エール」

この「長崎の鐘」という歌は、オーディションで歌った曲で、最も長く練習した曲なんだとか。

②2020年紅白歌合戦

2020年の紅白歌合戦では、氷川きよしさんと一緒に「ホール・ニュー・ワールド」を歌っています。

すごく上手いですよね!

二階堂ふみは昔は歌が下手だった?

二階堂ふみさんは過去にも歌声を披露していました。

①映画「日々ロック」(2015年)

二階堂ふみさんはトップアイドルの宇田川咲役で出演し、劇中歌を歌いました。

声が加工されているので、上手いのか下手なのかよく分かりません。

②ぐるナイ(2017年)

このときは「歌が下手」だと話題になったようなんです。

ちょっと音がずれていますよね。

③ドラマ「西郷どん」(2018年)

告知動画ですが、冒頭に二階堂ふみさんの歌声が流れます。

透明感のある素敵な歌声ですね!

二階堂ふみの歌唱力について世間の評判は?

まとめ

二階堂ふみさんが歌が上手い理由は、朝ドラ「エール」のためにボイトレをしっかりしていたからでした。

過去の動画に比べると、エールや紅白歌合戦のときと全然違うので、本当に努力したんだなと分かりますよね。

女優魂が凄いですよね!

これからも二階堂ふみさんを応援していきたいと思います!